学校のトイレの問題

学校トイレの問題とはなにか

学校のトイレの抱える問題とは

学校のトイレというとどのようなものを思い浮かべられるでしょうか。最近では、家庭やそのほかの場所でも洋式のものが主流になっていますが、いまだに和式のものが主流です。和式のものを洋式に改装するには費用がかかるために、耐震工事など急がなければならない工事を先行して、改装工事は後回しになっているというのが現状です。しかしながら、和式を使い慣れない子供が多いことから問題が発生しています。学校で大便をしたいと思っても、我慢してしまう子どもが少なからずいるのです。また古い校舎などでは、トイレ自体も古く、掃除しにくいなどという問題もあるようです。できれば、入学前にいろいろなものがあることを教え、大便を我慢しないで使えるように練習しておくと安心です。

トイレを自信をもって使おう

学校のトイレでは、和式、様式が準備されています。すべての学校でというわけではありませんが、建て替えたばかりの校舎では、和洋式のトイレが用意されています。子供たちの問題は、排便をすることへの抵抗があると思います。和式でも様式でも、それは同じです。排便をすることで、周囲の子供たちが反応し、嫌がらせな言葉をかけたり、他の子供たちに馬鹿にするような言葉で伝えたりするため、問題が大きくなってきます。人間の当たり前の行動ということがまだ、正しく理解できていないと同時に、自他との比較をする子供たちの話題になってしまうのです。心と体のアンバランスな子供たちへの成長が問題の一つですので、もし、自分のお子さんが、言われる方、言っている方の立場に立った時には、その子の心に寄り添って話してみてください。

↑PAGE TOP