学校のトイレの掃除

学校のトイレの掃除に関して

学校のトイレを素手で掃除する

公立や市立の学校に通っていた人なら、絶対に経験したことがあるトイレ掃除。実際好きだった人ってあまりいませんよね、真面目な子は大まじめに頑張っていましたが。昨今の学校ではなんとトイレ掃除が教育にいい影響をもたらすと、子供達に積極的に取り組ませているところが多いことはご存じですか。しかも、なんと床を掃き、たわしを使って素手で便器を磨くそう。これは、福祉の精神やその助長に繋がるという効果があるらしいです。人がいやがることを率先して行う、損得を考えず他人のために動ける、感謝の念や心を養うなど、謙虚で積極的な人間性を育てるための大切な方法として考えられています。

トイレ掃除事情とはなにか

学校では清掃の時間が設定されています。児童生徒が自主的に清掃して維持管理するというシステムは、世界各国から教育関係者が視察に訪れるほど優れているとも言われています。しかしトイレ掃除に関しては、衛生面での心配があるという理由で実施していない学校も見られるようになってきました。その場合は公務主事の職員が行ったり、清掃業者に依頼したりしています。逆に精神的な鍛錬になるとして、ゴム手袋をつけずに素手で掃除を行わせている例も見られます。どちらも極端な例ですが、今後そのような例が増えてくることが予想されます。

↑PAGE TOP